スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ETC割引に対応した「MapFan PLANNER 2」

インクリメントPは、地図情報ソフトの最新版「MapFan PLANNER 2」を12月1日に発売する。全国地図データを収録したDVD付パッケージが1万800円、DVDが付属しないオンライン版が4980円。次年度以降オンラインでの利用には追加で4980円の継続利用が必要。いずれもWindows 2000/XPに対応する。

 MapFan PLANNERは、2006年10月1日までの市町村合併に対応した全国地図データに、住所・企業電話番号を含む約4100万件の膨大な検索データを備えた地図情報ソフト。最新版のMapFan PLANNER 2では、ETC割引料金の表示に対応。出発時刻やインターチェンジを通る時刻などを元に、東/中/西日本高速の深夜割引・通勤割引・早朝夜間割引、本四高速のETC割引を考慮して料金を表示する。インクリメントPによると業界初の試みで、上手に利用すれば「予定より1時間出発を遅らせれば高速料金が安くなる」など、ドライブの計画を立てやすくなるというわけだ。

 駐車場「タイムズ」の満空情報も検索可能になったほか、NTTドコモの「903i」シリーズ向けカーナビサービス「MapFan ナビークル」と連携。目的地を携帯電話にメールで送信すると、簡単にルート設定できる。このほかインタフェースも一新し、インクリメントPが発売する別の地図ソフト「MapFan.net」に近づけたという。

 なお、パッケージ版、オンライン版のほか、三栄書房の「option オービスROM for MapFan PLANNER」が付属したお買い得パックも限定で5000本販売する。こちらの価格は1万1300円。option オービスROM for MapFan PLANNERは、iPCダイレクトショップで単体販売(1980円)も行う。

 このほかインクリメントPでは、MapFan.net用の「Internet Explorer 7」対応プログラムを公開した。

続きを読む

スポンサーサイト

道路交通 トラックバック:0 コメント:0

信号機、根元から折れる 高校生が支柱つかんだところ

 6日午後4時ごろ、堺市中区八田西町2丁の府道交差点の横断歩道で、信号待ちをしていた高校2年の男子生徒(16)が自転車に乗ったまま、左手で歩行者用の信号機の支柱をつかんだところ、突然、根元から折れた。生徒はバランスを崩し、自転車ごと転倒して左ひざに軽いけがを負った。支柱は鉄製で、堺南署は「信号機は散歩中の犬に小便をかけられるなどして根元が腐食しやすい」と話している。

 調べでは、信号機の支柱は高さ3.2メートル、重さ90キロ、直径10センチ。根元がさびており真っ二つに折れた。

 同署によると、府内の信号機は年1回、委託先の補修業者が点検。今回折れた信号機は81年に設置され、今年6月に点検したところ、「良好」との報告があった。


道路交通 トラックバック:0 コメント:0

駐車監視員がミス 駐禁区域外で12台にステッカー張る

 今年6月に始まった民間の駐車監視員制度で、神奈川県警南署の委託を受けた監視員2人が、駐車禁止区域ではない横浜市道で、誤って延べ12台の車両にステッカーを張りつけたことが2日、分かった。同県警によると、ステッカーの張り間違いが発覚したのは全国で初めて。「新しい制度が効果を生んでいる中、このような事が起きて申し訳ない」としている。

 駐車対策課によると、男性(44)と女性(52)の監視員2人が10月4日から17日にかけて、横浜市南区別所中里台の市道で、誤ってステッカーを張りつけたという。監視員は別の市道の駐車禁止を示す標識を見て、取り締まり活動ができると誤解したという。

 3回張られた人もいるといい、対象は9人。車の運転手や持ち主のうち3人は、反則金や放置違反金合わせて4万5000円を既に払っており、県警が返還手続きを進めている。違反点数も元に戻すという。

 ステッカーをはられた女性が10月27日に「駐車禁止区域外ではないか」と南署に申し出て、発覚したという。


道路交通 トラックバック:0 コメント:0

| ためコムTOP |

ブログパーツ QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。